イントラレーシックの善し悪し

イントラレーシックは最先端の視力回復手術です。

イントラレーシックは、コンピュータで制御して手術することができるため、従来のレーシックと比べると視力回復度が大きく、また、ドライアイやハロ(光の周りがもやがかかったように見える)などのレーシックで起こる合併症も大幅に抑えることができるようになりました。さらに、眼鏡やコンタクトレンズでは矯正できない不正乱視を矯正することも可能です。

イントラレーシック特有の欠点としては、やや手術時間が長い、一度切り取った角膜(フラップ)の接着が安定するまでに時間がかかる、などがあります。

また、異常なほどに光に対して過敏になるという、イントラレーシック特有の合併症の報告もありますが、報告されている発生率は1%~20%と幅があり、今後の課題といえるでしょう
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録
関連サイト

レーシックの際の眼科の選び方
レーシックを行っている眼科は全国に数多くあります。ですから、レーシックを受けたい...

イントラレーシックの善し悪し
イントラレーシックは最先端の視力回復手術です。イントラレーシックは、コンピュータ...

イントラレーシックとは
イントラレーシックは、視力回復手術の一種です。視力回復手術で有名なものにはレーシ...

視力回復手術レーシックの利点と欠点
レーシックは、角膜にレーザーを照射することで角膜の屈折率を変えて視力を矯正する手...

視力回復手術レーシックとは
レーシックとは、LASIKと書き、「Laser in Situ Keratomi...